「保護より機会を」は、だれのためにある言葉?!

『太陽と生きた医師 中村裕 ~No charity,but a chance!~』

中村裕博士は、大分県別府市にある太陽の家創設者であり、日本のパラリンピックの父と言われています。「障がい者の自立と社会参加」を実現させるために生涯を捧げた人です。           (大分OBS放送:2019.1.23 20時放送)

 

 

 

 

 

番組の中で、「No charity,but a chance 」

という言葉が何度も出てきました。

意味は、「保護より機会を」です。

身体に障がいがあっても、保護するばかりでなく、

社会参加への機会を、という意味合いが含まれています。

???

50年以上の長い時を経て、現在は、

障がいがある方であっても、

働く機会、

スポーツをする機会、

街へ出かける機会と、

多くの機会が得られるようになったのではないでしょうか。

これからその機会をさらに広げていくための、

土台が出来たように思います。

???

この「保護より機会を」を、

あらためて考えてみました。

???

子どもを育てる、子どもに教える場面で、

大人たちは先走らず、その機会を、見守る。

大人が手を差し伸べれば、早いことも、

機会を与え、見守る。

出来ないことを叱るだけでなく、

今出来ていることにスポットライトを当てて、

次にできることを、一緒に探す。

 

 

 

 

 

 

 

 

あらためて、「保護より機会を」は、

子どもを育てる、教育する上でも、深い意味を持っていると

感じました。

 

 

明日も良い一日でありますように?