「上司‐部下の伴走型人材育成」をテーマに、研修会を実施致しました

質問です。

「人材育成は、かんたんじゃないな・・・(あなたが上司なら)」あるいは、

「人材育成されてる感ないな・・・(あなたが部下なら)」

と感じたことはありますか?

 

  

「指導していたのに、パワハラまがいといわれた・・・」

「報告しているのに、話が伝わらないと言われた・・・」

  

それが、

きちんと結果が出て、

お互いが成長するような人材育成が出来る方法があるとしたら!

これってよくないですか?

 

伴走型人材育成とは?

  

うまくいく心理カウンセリングの要素を、

人材育成に取り入れると、

「肯定」と「モチベーション」が風土として浸透していきます。

 

部下が成長し、上司も指導力が上がり、

最終ゴールは、

職場全体が成長し、職場に行くのが楽しくなる!

・・・を目指しています。

うまくいくカウンセリングの要素と臨床心理学の組み合わせ

何故人材育成に、心理カウンセリング?臨床心理学?

と思われますか?

実は、臨床心理学的なカウンセリングは、

人間の成長を促進することが、大目的として

据えられているのです。

 

ですから、職場のリーダーが、

部下を育てる際に役立つエッセンスがたくさん!

詰まっているのです。

それは、繰り返しカウンセリングを行って、変化していく

セラピスト ― クライエントのようにです✨

 

  

それに私が気づいたのは、この10年いろいろな職場にお邪魔し、

働く人と心理カウンセリングをして気づいたことでした。

 

そんなお話と、演習を通し、

地域の保健師のみなさまに、

お伝えさせて頂きました☺️

  

あとは
続・け・るだけ♥️

今後が楽しみです♥️

フォローしていきたいと思います☺

+++++++

研修会のご依頼はこちらから

Follow me!