新しいフレームを手に入れる!―見えない不安を上手に逃れる方法

もちの木あこです。

 

本来なら新年度を迎えて

新しい職場・新しい学校で

新しい出会いに接する時期です。

 

 

しかしながら、

今年の春は誰もが経験したことのない

春を迎えています。

   

今の状況から先のことを考えると

仕事は続けられるのだろうか

家にいて何もしないと

不安にかられる・・・

そんなお話を伺うことが増えてきました。

  

本当に心配ですよね。

  

私もこの先のことを考えれば

考えるほど

どうしていいのかわからなくなります。

  

何故なら今の段階では

着地点をつけて考えるということが 

出来ないからです。

  

見えない不安を上手に逃れる方法 

 

そんな時は、見えない先の不安を

上手に逃れる方が得策かもしれません。

自分の考え方で

シフトチェンジできるのが人間です。

  

そんなシフトチェンジに役立つ

心理療法があるんです。

  

その一つに、解決志向療法があります。

家族療法から派生して生まれたアプローチ法です。

  

その中に、

以前にも記事にしました★

「リフレーミング/reframing」

という視点・考え方がありますので

ご紹介いたしますね。

  

これは、ある枠組み(フレーム)で

見ている・捉えている物事を、

その枠組みを外して、

違う枠組みで見ることを指します。

  

同じ絵も額縁を変えると

全く違う印象に変わるようにです。

  

それと同じように、

今置かれている状況の枠組みを

一旦外して、

違う枠組みで見てみるのです。

 

 

現状という絵画の額縁をかけ替えてみると

どうでしょう?

  

今とは違うとらえ方が

出来るかもしれません。

  

私もこの困難な状況に対し

フレームをかけ替えるべく

新しい動きを

始められたら・・・

と、

日々、

リフレーミング思考しているところです。

  

あなたもご一緒にいかがですか?

  

  

またお会いしましょう?

  

++++

もちの木心理セラピールーム?

Follow me!