不安を防ぐこころの予防法‐不安と恐怖を整理すると見えてくるもの

   

「この先どうなるのか不安です」

「仕事がなくなるのではと不安です」

以前不安についての記事で、

不安には2つの種類があることを

書きましたが

今回の新型コロナウィルスという物質については

単に

「気にしすぎ」

「考えすぎ」

という気分や捉えの問題ではなく

ウィルスという目には見えないけど、

明確に存在する問題です。

これは、

前の記事にかいた特性不安でも状態不安でもなく

「恐怖」に位置付けられます。

  

今日は、今とこれからを生き抜くためには、

不安と恐怖を区別することが大事です~

というお話です♪

 

不安と恐怖を整理すると見えてくるもの

不安と恐怖は、心理学では、

このように区別をします。

その対象が明確にある場合=恐怖

特定の対象がない場合=不安


そこからいろいろ考えてしまって、、、

不安が広がって

寝付けなかったです・・・など

不安は、漠然とした特定の対象がない恐れ

といえます。

今の自分のこと、仕事のこと、

この先のこと、お金のこと、、、

考えれば考えるほど、

不安にかられる“状態”に陥ってるのです。

一方で、

人によって、ヘビとかジェットコースターとか、、

そして今回のコロナウィルスは、地球にいきる人にとって

明確な恐怖の対象です。

こうやってみると、

不安と恐怖を区別して考えることで、少し

頭の中を整理することができませんか?

漠然とした不安の扱い方

確かにわたしたちは今現在、大なり小なりの

不安な気持ちを抱えながら生きています。

 

でもその不安にとらわれながら生きるのか

その不安を別のものに置き換えるのか

それは、その人次第です。

 

 

まずは恐怖の対象に対する予防を出来るだけ行い、

その上で浮かんでくる不安を減らすことが出来たら・・・

よくないですか?

 

こころのお仕事をしていると、

見えない不安とどう向き合うか、

不安の先取りばかりで、

不安に渦巻いている頭の中をどう整理すればよいか

といったテーマを扱います。

これから少しずつですが、

少しでもヒントになるお話を

していこうと思います。

そうです、こんな時こそ

「プラスのめがね」が力になってくれるはずですから。

またお会いしましょう♪

++++++

もちの木心理セラピールーム

Follow me!