社長でも失敗しない-記者会見を成功させる2つの技②

社長でも失敗しない記者会見を成功させる2つの技

質問です。

「あの人の話は、気持ちが入っていない」

なんて言われたらがっかりしますよね?

いくら時間をかけて伝えても、

それがたとえ5時間かけたとしても

気持ちが入っていることが伝わらなければ、

残念なことに聞き手の評価は下がる・・・というわけです・・。

  

今日はそんなお話です。

 

時間をかける<気持ち(熱量)を伝える!

①「話がまどろっこしく長かった」

②「感情や気持ちが伝わってこなかった」

時間をかけて、こんなに長時間話したのに、②の評価ではがっかりです。

 

それが短時間でも「その気持ちよく伝わった!」

という方が大事ということですね。

 

 

話す側としては、何時間もかけてお話するわけですから、

気持ちがないどころか、

わかってほしいという強い気持ちはあったと

想像できます。

ではどうすれば、その熱い、強い気持ちをそのまま相手に伝えられるのか。

これは難しいようですが、実はと~ってもカンタンなんです。

 

潜在意識に釣り糸を垂れてみる

 

大事なのは、潜在意識という海に釣り針を落としてみることです。

 

「え?どういうこと?」

 

潜在意識にきちんと聞いてみれば、

あなたの本心はかならず映像で見えてきます。

 

あとはそれを素直に伝えれば良いのです。

そんな方法が6時間で手に入る!

そんな講座、ご興味ありますか?

+++++++

「これで記者会見もプレゼンテーションも怖くない! 」

スーパーブレインメソッド1dayプレミアム講座@大分(別府)

毎月開催中♪くわしくはこちら

Follow me!